予備校講師のつぶやき 〜教育改革がいきる力を育む〜

地方在住の予備校講師(英・国・小論文) STARWARSが何より好き (SNOOPY、チェブラーシカは別格扱い)

"アメリカ一人旅 ① (Backpacker in U.S.A)"

 

僕は、大学時代、家庭の事情から仕送りがなく、日々の食事もままならないほどの貧乏学生でした。

住んでいた学生寮の家賃は2万円(築35年・4畳・風呂便所共同)、大金の飛び交う京都の花街祇園先斗町のラウンジでチーフ→マネージャへと昇格してしまうほど(笑)、毎晩毎晩アルバイトをして生活費を稼いでいました。

 

しかも、夢を描いて入学した大学の現状が、あまりに理想と異なっており、大学を辞めるか否かというレベルまで人生に迷ってしまいました。でも、両親は「卒業だけはしろ」とお達し、その結果、自分なりの折衷案として、大学には通いながら、昔からの憧れの一つであったプロミュージシャンになることを目標に据え(てしまい)ました。。。

そんなわけで、機材費、スタジオ使用費、音源作成費、ツアー遠征費用などで、ただでさえ貧乏な上に、まるで湯水のようにお金が消えていきました。

 

そんな日々の中、「このままではいけない」という思いが日々募り、何とかその状態を抜け出すためのブレイクスルーを僕なりに模索しました。

 

当時僕は21歳の若さ・青さ、それに、貧困な暮らしをすると目の前しか見なくなる、その「自分の視野の狭さ」をどうにかしたくて、一念発起、

「アメリカ大陸を横断しよう」

と決意しました。

 

f:id:takehammer1102:20160213002014j:plain

 

 

でも、当時は極貧(笑)、旅行資金など全くありません。。。

 

そこで案を練りました

消費者金融からお金を借りる

②知り合いからお金を借りる 

③アルバイトを増やす 

④家賃を滞納する

①と②はもちろん即却下。また、もうその時点で、売れっ子の芸能人ばりにスケジュールいっぱいにアルバイトしていたのでそれ以上増やせませんでしたから③も却下。

仕方ありません、残った選択肢は、④「家賃を滞納する」でした。。。

 

 

計画を立てた翌日、大家さん夫妻に泣きつき事情を説明した結果、

「人生一回きり、行っておいで」

と寛大なお言葉をいただき「合法的に」家賃滞納の許可が出ました(苦笑)

 

そして、手に入った額は16万円、宿やルートも全く決めず、航空券(往復8万円)、アメリパス (3万円)を購入し、宿やルートも全く決めず、勢いだけでアメリカに旅立つことにしました。

*アメリパス:全米ネットを持つ路線バス会社であるグレイハウンドに乗り放題の外国人用のパス

 

 とりあえず立てた計画は、

『アメリカ西海岸から東海岸まで、とりあえず進む。訪れる街を歩きに歩いて、アメリカの空気感・雰囲気を体で感じる。』

これだけでした(笑)

 

 

そこから、約一ヶ月半のアメリカ一人旅が始まりました。人生初の飛行機、人生初の一人旅、人生初の海外、予想以上に、いろんなことが起きました、いい意味悪い意味の両方で。

その旅の初めに、関西国際空港で、一冊の「メモ帳」を買いました。そのメモ張に、旅の行程の毎日、日記をつけていました(かっこつけて全編英語です(笑))

 

実は、昨日、実家の荷物整理をしていると、久々にそのメモ帳を発見しました。

あまりに懐かしく、今から思い出しても「無茶」なことしてたので、しばらくその日記を紐解きながらぼちぼちと記事にしてみようかと思いました。

 

完全に自己満足ですが、まぁ、いっか(笑)

 

 
広告を非表示にする