読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予備校講師のつぶやき 〜教育改革がいきる力を育む〜

地方在住の予備校講師(英・国・小論文) STARWARSが何より好き (SNOOPY、チェブラーシカは別格扱い)

"アメリカ一人旅 ⑦ (Backpacker in Las Vegas)" -後編-

 

takehammer1102.hatenablog.com

前回に引き続き、Las Vegas、後編です。

 

f:id:takehammer1102:20160418105047j:plain

Circus Circus

Circus Circusで「777」を揃えて小金持ちになった僕、日本のゲームセンターにもあるような、25cが満タン詰まった3つのコインカップを手に、場内をウロウロ、他にも何度かスロットマシーンに座ってみましたが、そう簡単に大当たりするわけもなく、しかも「貧乏旅行」の途中な訳で、この後の旅程、何があるやらわからない、、、吝嗇家なのかとも思えるほど保守的に考え(笑)ほとんどそれ以上投資せず、その巨大な建物から外に出ました。

 

そのまま、ラスベガスの通りをぶらぶらしていたのですが、今になって一つ疑問が。。AM200過ぎとはいえ、アメリカ、犯罪率も高い、しかも、西海岸で痛い目に遭っている(笑)、にもかかわらずバックパッカーの格好をした自分が現金のカップを手に持ちウロウロしていた

「危険」なはずなんですが。。なんとなく記憶しているのは、他にも僕と同じように現金カップを持って歩いている人がいたこと。それに、Las Vegasの雰囲気?なのか。未だに自分でもわかりません。

 

時間はもう既に深夜2時、今日はこのまま朝までカジノ!と腹を決めていた僕は、カジノを渉猟するためにメインストリートの Las Veags Blvd.(通称 The Strip)に出ました。

 

f:id:takehammer1102:20160602113308g:plain

到着してから、MGM、Flamingo、Circus Circusと渡り歩いた時点で一つ気づいていたこと、それは、1ブロックの距離がとても長いこと。

各カジノの敷地が巨大であり、また、土地に余裕があるためか、各カジノ間の距離も相当ありました。(後に調べてみると、MGMとCircus Circusの間でも約5㎞ありました)

 Strip(メインストリート)の南端のMandalay Bay Hotel あたりにGreyhoundのバスが到着したのがPM2200、ネオンに導かれるまま、気がつくと北端のCircus Circus、AM200、足掛け4時間かけて辿り着いたことになります。

 

そのまま南に戻って他のカジノホテルに行ってみることもできたのですが、日本から持参したガイドブックに、The Stripの北に「Downtown / The Fremont Street」があることを思い出しました。

 

「よし、このままDowntownに向かおう」

 

と決め、ネオンの輝くStripを後にし、北へと歩きはじめました。

 

歩きました。

歩きました。

 

西海岸のSF、LAでも、経費削減のために、公共交通機関さえほとんど使わなかった僕は、迷うことなく歩きました。

 

でも、見えないんですよ。

光が。建物が。

 

The Stripのネオンの光が僕の背後から消えるほど歩いても、自分の進行方向に何も見えません。通りの左右にもほとんど建物がなかった記憶があります。

元来、Las Vegasは、ネバダ砂漠のオアシスに生まれたわけで、その郊外は、基本的に荒野。 

距離感のつかめない暗闇、大事そうに現金カップを抱える貧乏学生。

背中にのしかかるバックパックの重み、ただ暗闇に向かい歩みを進める僕のADIDAS。そして、後ろから追い抜いていくバス。

幾人もの人々が窓から物珍しげに僕を見下ろす。「Good Luck!」のハンドサインもいただきました。。。

 

f:id:takehammer1102:20160602114438j:plain

DEUCE(The Strip 〜 Downtownの移動に用いる公共交通機関)

これです!このバス、本当に乗っていればよかった!

安いのに(泣)

「777」を引き当てたのに(笑)

 

結局、約6キロほどを約2時間かけてたどり着きました、The Fremont

 

 

 

疲れ果てた僕は、DowmtownにあるGreyhoundバスのターミナルの待合室で、背中の大きなバックパックを抱きしめる形で、3時間ほど眠りました。

結局、「朝までギャンブル」しませんでした(笑)

 

f:id:takehammer1102:20160418105035j:plain

Down town  /  The Fremont Street

「ラスベガス発祥の地」それがこのDowntown地区です。老舗のカジノやホテルのみならず、この地区周辺には市役所を始めとする各種行政機関も集中していました。

The Stripにはない「古き良き庶民の雰囲気」が残っており、まるで、僕の地元の商店街のような風情がありました。

 

それなりに散策し、カジノも覗いてはみましたが、もう、僕がいるそこは「The Sin City(罪の街)」ではありません(笑)。

牙を抜かれた狼のように、元の貧乏学生に戻っていました。

 「Las Vegas  Fin.」

そう日記に書いてありましたし(笑)

 

ということで、そのまま宿泊する理由もなく、Greyhoundのバスディーポに再び向かい、次の目的地へのチケットをとりました。

その目的地は、"Flagstaff"

聞きなれない地名ですが、『アメリカ=大自然』、その中でも最も有名な場所の一つ、The Grand Canyonへの玄関口、それが"Flagstaff"です。 

 

「罪」から解放され、「自然」に向かいます^^

 

 

広告を非表示にする