読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予備校講師のつぶやき 〜教育改革がいきる力を育む〜

地方在住の予備校講師(英・国・小論文) STARWARSが何より好き (SNOOPY、チェブラーシカは別格扱い)

"ホイットマンの詩" dedicated to R. Wiiliam

後期日程の発表がはじまりました。

いろいろな結果があるでしょう。

 

それぞれに、また、春は来ます。僕にも、生きた年数分だけいろいろな春がありました。

桜の咲く頃、その下では、それぞれの「岐路」に向かう教え子たちが

みなそれぞれの想いを胸に1日1日を過ごします。

 

大志を抱き新しい環境へ飛び込む

「何かを変える」ために海原へ漕ぎ出す

自分を見つめ自分を咎め、本当の自分の限界を知ろうとする

不安を抱えながらも、「次の春」を心に描く

後ろ髪引かれる何かを断ち切り、新しい今を創ろうとする

 

いろいろです。

結果よりも「過程」

成功も失敗も「同じ価値」

まっすぐ進む道にも、「回り道」にも、きっとそれ自体の視野があります

 

 


Robin Williams Apple iPad Air Commercial

 

We don’t read and write poetry because it’s cute.
We read and write poetry because we are members of the human race.

And the human race is filled with passion. 

 我々はかわいいからという理由で詩を読み、書くのではない。

我々は人類の一員だから詩を読む、書くのだ。
人類とは情熱にあふれている。

 

And medicine, law, business, engineering, these are noble pursuits and necessary to sustain life.But poetry, beauty, romance, love, these are what we stay alive for.

医学、法律、ビジネス、工学、これらは崇高な追求であり、生活の維持に必要不可欠だ。だが、詩、美、恋、愛。これらの為に我々は生きている。

 

To quote from Whitman,
“O me! O life!… of the questions of these recurring;
of the endless trains of the faithless…
of cities filled with the foolish;
what good amid these, O me, O life?”

ウィットマンは言った
「おお我よ、命よ、幾度となく悩まされる疑問、
信義のない長い列、愚かな者で満ちた街
この中にどんな意味があるというのか、
我よ、命よ。」 

 

Answer. That you are here – that life exists, and identity;
That the powerful play goes on and you may contribute a verse.
That the powerful play goes on and you may contribute a verse.
その答えは・・・君がここにいるということ
命が存在し、生きた証があるということ
力強い演劇は続く、そして、君もその一編に貢献できるということ
力強い演劇は続く、そして、君もその一編に貢献できるということ

 

What will your verse be?

君の紡ぐその詩はどんなものになるのだろう

 

今は亡きRobin Wiiliamsの作品「今を生きる」の中で彼が語るホイットマンの詩

自分が高校卒業後大学へと向かう時、このセリフを繰り返し見た記憶があります。

 

"Answer. That you are here – that life exists, and identity;"

これほど勇気をもらった言葉はありません

 

たかが受験、終わりでも始まりでもない、一つの過程

きっとそれぞれの心に刻まれたはずです

 

 

それぞれの想いで迎える春

僕はこの言葉を贈ります

Now, those of you -- I see the look in your eyes like "I would've walked differently.”

Now, we all have a great need for acceptance. But you must trust that your beliefs are unique, your own ... even though others may think them odd or unpopular.

Robert Frost said, "Two roads diverged in a wood ... and I, I took the one less traveled by, and that has made all the difference.”

Now. I want you to find your own walk right now.

君達の瞳がこう言っている、「人と違う生き方がしたい」と。

僕達には、人と同化したいという欲求がある。

だが、自分を信頼しなければ。

ロバート・フロストは言った。

「森の分かれ道、人の通らぬ道を行け、全てが変わる」

君達には、自分らしい歩き方を見つけて欲しい。

 

 

 

takehammer1102.hatenablog.com

 

 

 

 

 

「教育」と「受験」産業

 毎年思うことなので

掘り起こし。。。

takehammer1102.hatenablog.com

 

"My Indepedence Day"

去年夏より「全く」記事をあげてませんでした。

いろいろありまして。。

 

実は、

自分で予備校ひらきました。

 

「人生に無駄な経験などない」

とはいえ、波乱万丈のこの人生、刺激ありすぎて自分がついていけません^^

 

現在、僕の愛弟子も合流し、120名ほどの生徒に囲まれ、毎日朝4時帰宅の日々が続いています。

でも、本当に楽しくて仕方ありません(笑) ネテマセンガ・・・

 

自分の予備校HPとリンクします。

よって、「それっぽい」記事を配信していこうかと思います。

 

 

↓こんな感じの内装です。今まで読んだ自分の個人蔵書1200冊で囲まれたスペースで、「偶然」好奇心の窓を開けてくれたらなあ、と思って作りました。

f:id:takehammer1102:20170303173532j:plain

f:id:takehammer1102:20170303173359j:plain

f:id:takehammer1102:20170303173421j:plain

f:id:takehammer1102:20170303173516j:plain

 

下書きの記事も山盛りあるので、少しずつ更新します。

 

"算数チャチャチャ"と教育改革

午前中、NHKの「みんなのうた」で流れた曲「算数チャチャチャ」

バックの映像にまずノスタルジーを感じ、そのコンテンツにもまた衝撃を受けました。

 

 


算数チャチャチャ

 

「算数」と言いながらコンテンツは「数学」(笑)。

しかし、1973年の放映当時、小学生の中でも流行し、今まで何度も再放送の要望があったそうです。

 

 

 

 

これを見て、中学時代にある本で出会った『あるかけ算』を思い出しました。

筆算は必要ありません。やり方は簡単、ただ「線を引く」だけです。

f:id:takehammer1102:20160616114520j:plain

やり方

①かけ算をしたい最初の数字の大きい位から順に斜めに線を引く

②次の数字も大きい位から順に、①の線に交差するよう斜めに線を引く。

③あとは、エリア毎の交差した点の数を左から順に並べると答えが出る。

(この場合、1・2+3・6、つまり「156」)

合理的かつ原理もシンプル、おそらく、古代インドのやり方だと書いてあった記憶があります。

 

 

 

あと、20年前のアメリカ一人旅中に"El Paso"で出会ったDavidというおじいさんに教えてもらった『あるかけ算』も紹介します。

f:id:takehammer1102:20160616114746j:plain

 このやり方は、6~10の数字を使ったかけ算ができます。

やり方  「7×8」の場合

① 図のように、6〜10の数字を、小指を6・親指を10として割り当てる。

② かけたい2つの数字の、左手・右手の指をくっつける(左手7 ・ 右手8)

③ くっつけた指を含め、そこから下にある指の数の合計に10をかける

  (この場合、左手2本・右手3本なので「5×10=50」)

④ くっつけた指を含めず、そこから上にある左右の指の数をかける

  (この場合、左手3本・右手2本なので「3×2=6」)

⑤ ③と④を足した数が、かけ算の答え(「50+6=56」)になる。

 もちろん、九九を使った方が早いでしょうが(笑)
 
 
 
 「算数・数学」この学問は、古代ギリシア、ローマ、エジプトなどの古代文明の時代にさかのぼり、「自然の法則を知りたい」という人間の原始的な欲求が生み出した学問です。つまり、目の前の現象のプロセスを「問う」「解き明かしたい」という本能的とも言える衝動、それが体系化されたものです。しかし、日本の教育、特に、高校教育では、その面白さ・奥深さを伝え切れていません。
(僕の職場の数学講師にも「こんなことも分からないのか?!」とバッサリ切ってしまい、数学嫌いを量産するポンコツ講師もいます。。。(怒))
 
「文系・理系」という、日本独自の分割方法、それにより、自然科学・社会科学・人文科学の総合的な知識体系がなおざりにされ、「受験」に必要な知識・技能のみを習得するというものになってしまっています。
 
2020年からの教育改革の目玉の一つ「高大接続システム改革」、そこで目指すのは「教科をクロスオーバーした知識」「グローバル人材の育成」、偏りなく俯瞰で世の中を見る視点、また、自分自信の価値・生きがいについて自由に思考できる視点、そのために必要とされるのはリベラルアーツの体得だと思っています。

f:id:takehammer1102:20160622143822p:plain

僕は、このコンセプトで、今までの講師人生の20年、すべての生徒達に接してきました。公教育、そして僕の所属する「教育」業界、もっと考えやるべきことがあります。

 

「算数チャチャチャ」を現代版に復刻し、「英語チャチャチャ」「国語チャチャチャ」「理科チャチャチャ」「社会チャチャチャ」と作ってみたいです(笑)

"アメリカ一人旅 ⑦ (Backpacker in Las Vegas)" -後編-

 

takehammer1102.hatenablog.com

前回に引き続き、Las Vegas、後編です。

 

f:id:takehammer1102:20160418105047j:plain

Circus Circus

Circus Circusで「777」を揃えて小金持ちになった僕、日本のゲームセンターにもあるような、25cが満タン詰まった3つのコインカップを手に、場内をウロウロ、他にも何度かスロットマシーンに座ってみましたが、そう簡単に大当たりするわけもなく、しかも「貧乏旅行」の途中な訳で、この後の旅程、何があるやらわからない、、、吝嗇家なのかとも思えるほど保守的に考え(笑)ほとんどそれ以上投資せず、その巨大な建物から外に出ました。

 

そのまま、ラスベガスの通りをぶらぶらしていたのですが、今になって一つ疑問が。。AM200過ぎとはいえ、アメリカ、犯罪率も高い、しかも、西海岸で痛い目に遭っている(笑)、にもかかわらずバックパッカーの格好をした自分が現金のカップを手に持ちウロウロしていた

「危険」なはずなんですが。。なんとなく記憶しているのは、他にも僕と同じように現金カップを持って歩いている人がいたこと。それに、Las Vegasの雰囲気?なのか。未だに自分でもわかりません。

 

時間はもう既に深夜2時、今日はこのまま朝までカジノ!と腹を決めていた僕は、カジノを渉猟するためにメインストリートの Las Veags Blvd.(通称 The Strip)に出ました。

 

f:id:takehammer1102:20160602113308g:plain

到着してから、MGM、Flamingo、Circus Circusと渡り歩いた時点で一つ気づいていたこと、それは、1ブロックの距離がとても長いこと。

各カジノの敷地が巨大であり、また、土地に余裕があるためか、各カジノ間の距離も相当ありました。(後に調べてみると、MGMとCircus Circusの間でも約5㎞ありました)

 Strip(メインストリート)の南端のMandalay Bay Hotel あたりにGreyhoundのバスが到着したのがPM2200、ネオンに導かれるまま、気がつくと北端のCircus Circus、AM200、足掛け4時間かけて辿り着いたことになります。

 

そのまま南に戻って他のカジノホテルに行ってみることもできたのですが、日本から持参したガイドブックに、The Stripの北に「Downtown / The Fremont Street」があることを思い出しました。

 

「よし、このままDowntownに向かおう」

 

と決め、ネオンの輝くStripを後にし、北へと歩きはじめました。

 

歩きました。

歩きました。

 

西海岸のSF、LAでも、経費削減のために、公共交通機関さえほとんど使わなかった僕は、迷うことなく歩きました。

 

でも、見えないんですよ。

光が。建物が。

 

The Stripのネオンの光が僕の背後から消えるほど歩いても、自分の進行方向に何も見えません。通りの左右にもほとんど建物がなかった記憶があります。

元来、Las Vegasは、ネバダ砂漠のオアシスに生まれたわけで、その郊外は、基本的に荒野。 

距離感のつかめない暗闇、大事そうに現金カップを抱える貧乏学生。

背中にのしかかるバックパックの重み、ただ暗闇に向かい歩みを進める僕のADIDAS。そして、後ろから追い抜いていくバス。

幾人もの人々が窓から物珍しげに僕を見下ろす。「Good Luck!」のハンドサインもいただきました。。。

 

f:id:takehammer1102:20160602114438j:plain

DEUCE(The Strip 〜 Downtownの移動に用いる公共交通機関)

これです!このバス、本当に乗っていればよかった!

安いのに(泣)

「777」を引き当てたのに(笑)

 

結局、約6キロほどを約2時間かけてたどり着きました、The Fremont

 

 

 

疲れ果てた僕は、DowmtownにあるGreyhoundバスのターミナルの待合室で、背中の大きなバックパックを抱きしめる形で、3時間ほど眠りました。

結局、「朝までギャンブル」しませんでした(笑)

 

f:id:takehammer1102:20160418105035j:plain

Down town  /  The Fremont Street

「ラスベガス発祥の地」それがこのDowntown地区です。老舗のカジノやホテルのみならず、この地区周辺には市役所を始めとする各種行政機関も集中していました。

The Stripにはない「古き良き庶民の雰囲気」が残っており、まるで、僕の地元の商店街のような風情がありました。

 

それなりに散策し、カジノも覗いてはみましたが、もう、僕がいるそこは「The Sin City(罪の街)」ではありません(笑)。

牙を抜かれた狼のように、元の貧乏学生に戻っていました。

 「Las Vegas  Fin.」

そう日記に書いてありましたし(笑)

 

ということで、そのまま宿泊する理由もなく、Greyhoundのバスディーポに再び向かい、次の目的地へのチケットをとりました。

その目的地は、"Flagstaff"

聞きなれない地名ですが、『アメリカ=大自然』、その中でも最も有名な場所の一つ、The Grand Canyonへの玄関口、それが"Flagstaff"です。 

 

「罪」から解放され、「自然」に向かいます^^

 

 

"アメリカ一人旅 ⑦ (Backpacker in Las Vegas)" -前編-

ここんところ、公私共々多忙続き、やっと一つの山を越えました。皆さんの発信するブログを毎日チェックしながら、「早く書きたいなあ」と思いながら悶々としてました。「アメリカ一人旅」シリーズの続きを読みたい、とメッセージを下さった方もいました。(ありがとうございました)

これから仕切り直しで、20年前の「青春備忘録」のつもりでぼちぼち再開します。

 

 

イベント(トラブル)続きの西海岸から離れ、「罪の街 ラスベガス」に入りました。

 

f:id:takehammer1102:20160418105116j:plain

Night view in Las Vegas

 

グレイハウンドバスが目的地ラスベガスについたのはPM2200、毎度の如く、宿は予約せずに来ました。でも、ここは、眠らない街、ラスベガス、「眠ってる」場合ではない、て思ってました(笑)
 
バスを降りると、まっすぐと伸びる道沿いに、これでもかとばかりにきらびやかなカジノホテルが視野の向こうまで続いていました。そして、そこに見えるすべてのホテルにはカジノがあり、スロット、バカラ、カードボードが配置され、24時間、一攫千金の夢を見る人々が享楽にふけっている街です。
 
家賃滞納してまでの超貧乏旅行だったわけですが、ここまできて「カジノをしない」という選択肢はなく(笑)30ドル限定で夢を探しに行きました(笑)
 
 
 
f:id:takehammer1102:20160418105102j:plain

Flamingo Las Vegas

1946年、ベンジャミン・シーゲル(通称バグジー)が作り上げたホテル。ホテル名は彼の愛人ヴァージニア・ヒルから付けられた。ラスベガス大通り(ストリップ)の歴史そのものとも言える古い歴史と存在感を持つホテル。

 

まずは、映画「バグジー Bugsy」で舞台となったFlamingo Las Vegas へ向かうことにしました。
とてつもなく大きなフラミンゴのエントランス、そこに、どうみても貧乏バックパッカーにしか見えない僕は30ドルを握りしめ、胸を張って(笑)入りました。
カード系のカジノも多くありますが、ルールをほとんど勉強していなかったので避けて通り、比較的わかりやすい「スロット」のブースに行きました。
 
あたりまえのことですが、日本のように、玉やメダルに交換してカジノをするわけではなく、「ゲンナマ」、つまり本当のお金をかけるわけですから、スリル感は別格です。
 
賭ける金額・レートは、スロットマシーンによって異なりました。「5セント」「25セント」「1ドル」「5ドル」くらいの種類があったかと思います。わずか30ドルでの参戦ですので、まずは「5セント」から始めました。
「5セント×3」、つまりは、スロットレバーを一度回すたびに「15セント」がBETされ、どんどん吸い込まれていくわけです。確か10ドルほどカジノマシーンに吸い込まれたあたりで、ひとまずやめました。
まあ、10ドルのアメリカンドリームは転がってませんよね(笑)
 
そのままカジノ内を見学し、底抜けに明るくカジノを楽しむ、アメリカの老若男女の姿に圧倒されました。
 
 
f:id:takehammer1102:20160418105129j:plain

MGM Grand Las Vegas

次に入ったのはMGM、何せでかかったです!
確か、5000室以上もある超巨大カジノホテル。無駄にいろんなフロアを散策し、もはや、カジノというかラスベガス観光みたいになってきてました(笑)
Flamingoもそうでしたが、時間が早ければいろんなショー(マジック・アーティストのライブなど)があるようで、しかも。宿泊費が意外と安い!まあ、カジノで十分収益でるんで当然でしょうけど、本当に規模の大きさとエネルギーの大きさに、まさしく" The American Bigness"に圧倒されっぱなしでした。 
 
 
f:id:takehammer1102:20160418105047j:plain

Circus Circus Las Vegas

 

そして次に訪れたのがCircus Circus、ここは、初心者の僕に「何故か」優しい印象を受けました。フロントマン、中にいる宿泊客、感覚ではありますが、ウェルカムな雰囲気があったのを記憶しています。

なんとなく気に入ったので、ここで腰を据えてギャンブルしようと思い、目に付いたスロット台に座りました。

さて、残金20ドル、おもむろにBETし、レバーを引きました。1回、2回、3回、、、

1、2分後、、、

 

 

「777」

 

 

揃っていました!

大きな音楽が流れ、近くにいたバニーガールの女性が隣に来て「Congratulation!」、その台の支払い部分から、大量のコイン(25c)が山のように出てきました。

おそらく300から400ドル位だったと思います。

日本のゲームセンターにもよくある「コインカップ」、あれの大きなやつが3つ分、しかも、それは、コインではなくゲンナマです。

不思議な感覚になりました(笑)

 

そのまましばらく近くのスロット台でちょこちょこ当たったり吸い込まれたりして、ふと時計を見るとAM200。

手にはコイン満タンのカップ、カジノの中には、深夜にもかかわらず大音量が鳴り響き、老若男女まだまだ多くの人がカジノに勤しんでいます。

「もう今晩は部屋に泊まらず徹夜であそぼう!」

ていう気持ちになりました。

 

長くなりましたので、前編ここで区切ります

(後編に入っても、トラブルはなく平和な時期が続きます^^)

 

 

 

 

"桜と機関車” 〜旅立つこと〜

 新入生・新学年への諸々の準備に忙殺されるこの時期、ここ10年来、いわゆる「お花見(酒盛り)」をしたことはありません。

でも、毎年この時期、必ずある公園だけは欠かさず訪れます。

 

 

僕の好きなその公園には、退役した蒸気機関車(C5812)があります。

昭和13年に製造され、昭和44年に引退するまで地球を55周分の距離を走り抜けたということです。

f:id:takehammer1102:20160406011031j:plain

近くで見ると、鉄の硬質な素材感、それと同時に、使い込まれた材質感、ある種、剛柔両面備えた堂々とした佇まいです。

  

 

f:id:takehammer1102:20160406010924j:plain

 

f:id:takehammer1102:20160406013748j:plain

そして、この構図。

「機関車と桜」「黒鉄色と桜色」「剛と柔」、このコントラストがたまらなく好きです。

 

 

f:id:takehammer1102:20160406010934j:plain

隣には満開のソメイヨシノ、桜のトンネルがあります。

 

  

f:id:takehammer1102:20160406011002j:plain

そして、この時期、隣に寄り添うようにナツミカンが実ります。

友人の出身地である山口県萩市、「萩市=ナツミカン」というくらい多く栽培されているらしく、そもそもは、明治維新後の士族が経済的に困窮する中、その対応策としてナツミカンの苗を配ったのが始まりだそうです。

 

  

f:id:takehammer1102:20160406011014j:plain

桜を愛でるのは、もちろんその可憐な桜花だと思います。でも、僕は、いつもこの桜の根に見いってしまいます。

風雨に耐えながら揺るぎない安定感を保つために、何十年もかけて縦横無尽に張りめぐらせられた立派な根。

でも、この木の頭上には、春かすみと見紛うような、可憐な淡い色の桜花。

その「たくましさとやさしさ」を表すこの木を見に、僕は毎年この公園に来ます。

 

 

春は「旅立ち」、その象徴とも言える「桜」と「蒸気機関車

毎年春のこの時期、ここに来ると、過去の自分の原点がフラッシュバックし、若干、センチメンタルになってしまいます(笑)

 

だから、公園の外で、マルボロ一本吸って頭をリセット。

現実に戻りました(笑)

 

 

 

 PS

西行法師の気持ちがわかります。

最期は桜の下で眠りたいものです。

takehammer1102.hatenablog.com